読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

季節というコイン

辛抱強く待っていれば、事が自然に片づいて、信用を得るか怠慢だと責められるかのどちらかってこともありうる。少なくとも、確率は半々だ。

「秋のスローダンス」/フィリップ・リー・ウィリアムズ

 

 

もう春が来たのだろうかと考えてみたけれど、冬と言うにも春と言うにもしっくりこない時期である。暦の上では春なのでというのも少し寂しい。

 

季節の変わり目だからなんて関係なく1年中不安定な気持ちと付き合いながら今もこうしてベッドに潜り、光をつついて自分をなだめている。

 

 

自分を知るという行為が酷く体力を消耗させ気力を奪っていき、他人に押し付けることのできない負担となっていく。

 

2度とこんなことしないって決めたのに、数年後また同じことしてるのだから学習能力がないというか意外に図太いのかわからないのだけど。

 

 

 

 

昨日は太ったおじさんに人生の話をされた。決して否定はしないし押し付けがましくない口調で不思議と説得力がある。お年寄りの話を聞くのも悪くないなって思っていたけど今日も同じ話をされて困った。

 

 

きっと僕もおじさんになればその話の違いがわかるようになるのだろうと思って最高の笑顔で聞いていた。笑顔の使い道が下手なのは人生で損なことだと思う。

 

 

笑顔で終わらせるなんて狡いと言われた昔の記憶を打ち消すようにビルを出たら冷たい風を受けた。昼食の味や夕方の空を覚えてない日だったけど、少しだけ勇気を出した日でもあったから悪くはなかった。

 

悪くはなかったって言える日がなんだかんだいい終わり方である。

 

まあ今まで辛抱強く待っていたので今年は動いてみるのも吉かもしれない。

結果がどうとか成功が何かとかどうでもいいし期待なんてしていないけどね。

 

なんにせよコインを跳ねさせてみるといいらしい。確率は半々だってさ。

 

 

 

 

 

夜を知り、朝を忘れる。

 

夜は若く、彼も若かった。が、夜の空気は甘いのに、彼の気分は苦かった。

――ウィリアム・アイリッシュ 『幻の女』

 

 

一つのことに夢中になると他のことが頭に入らなくなる。同時にいくつかの物事を進めるのが苦手なタイプなのだろうか。それとも記憶に残るのが一つだけなのかよくわからないのだけれど、どちらにせよ柔らかくはない。

 

 

 

考えながら行動していないような気がして、昼間に行動するときは感に頼る部分が多い。夜はその分止まって考えているような気でいる。

 

 

バランスの悪さが僕自身であり、居心地の良い場所でもある。ハンモックで揺れているように。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ずっと前から自分は悲観的で暗いと思っていたし、ブログに書くことは鬱々として暗いことばかりだと思い込んでいた。

 

 

 

大学生の頃の前のブログを恥ずかしさに苦しみながらざっと眺めたら、そこまで真っ黒ではなかったことに少し驚いた。いや、恥ずかしいあまり直視できなかったから本当かどうか定かではないけれど。

 

 

もちろん底抜けの明るさは苦手だしそういう人間ではないけれど、いつからかここまでバランスの悪い人間になってしまったようで、もっと良い感じのバランスの悪さを持ちたいと思う。

 

 

 

これでは人生を諦めた老人のようだし、黒ずんで擦る度にノートが汚れる消しゴムみたいだ。

 

 

「死」にとらわれるのも好きだし、「生」を嫌悪するの日もあっていいけど、単調なのはやめておこう。

 

 

 

冬の澄んだ空気を自ら汚さないように、冬の夜の綺麗な空気を忘れないように、この季節をもっと楽しみたい。それが甘いのか、僕が苦いのか、全然わからないけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

感情を捨てた人間、笑うロボット

 

 

Je me demande, dit-il, si les étoiles sont éclairées afin que chacun puisse un jour retrouver la sienne. (星の王子さま p.64)
 ぼく、思うんだけど、星たちが光ってるのは、いつかは、みんなそれぞれ、自分の星をまた見つけられるようにするためじゃないかな。

 

あの日の空は言うさ
あの日の空は言うさ
いつの日か悲しみは消えるよって

(『life is party』 作詞:小山田 壮平 作曲:小山田 壮平)

 

 

ぽっかりと空いた隙間になんでもいいから詰め込みたくて夜に飛び出したけれど、見慣れた景色に歩き慣れた道がそれを阻んでいった。

 

 

悲しいと言って何もしないのが悪い癖であるのだが、何かをして変わった先でまた迷子になるのも常である。

 

 

ゴールがあるなんて思っているからいつも始まりは生であり最後は死であるとしか頭に浮かばない寂しさ。

 

 

そして何も浮かばなくなる悲しさ

 

 

 

 

口を閉ざしてしまった人

質問は、質問する人を表現するんだ。 それに対する返答なんかとは無関係にね。

出典:夏のレプリカ 著者:森博嗣

恥ずかしがり屋なのではなく、自信がないだけなのだ。隠したいものがあるのではなく、空っぽであることがバレてしまうことを恐れているだけなのだ。

時の流れに身を委ねて一切の抵抗せず、何も創り出そうとしなかった数年間は存在しなかったと脳が認識しているのかもしれない。

皺が無くなりつるつる綺麗になった塊はやがて縮小し空洞化するのだろう。

空っぽになった僕は外を眺めることをしなくなり、誰かの前に現われなくなる。

昨日見た月と照らし合わせる記憶が無くなっているのだから

優しい夜になってゆけ

 

 

 

たまには誰にも、自分自身にも忘れ去られたブログでも更新します。

 

 

続きを読む

旅行したけど何も見つからなかった

 

 

遅い夏休みを貰いまして、10日間会社に行きませんでした。

 

 

 

続きを読む

物件探しがたのしいので

 

 

建築に関することが好きなのもあるのと、一人暮らしがしたいのもあって、暇があれば物件探しをしてる。

 

 

 

こんな家に住みたいとか、こんな部屋で生活をしたいとか、そういうことをしてるのが趣味の一つです。

 

 

 

ということで暇なので自分用によく見るサイトをいくつかまとめました

 

主にデザイナーズ賃貸系

 

続きを読む